タグ:佛生舘

IMG_4602
IMG_4605
IMG_4606
IMG_4609
IMG_4610IMG_4613
IMG_4615
小林ファミリーが魚釣り🎣デビュー✨
なんと、小林ファミリーの大物賞は四歳のそうじろう君飽きずに5時間釣りしてました(笑)

初めてのルアーや、フライフィッシングなのにそれほどトラブルもなく、特に、そうじろう君のセンスが光ってました(笑)
釣り始めから、大物をあげ、その後もルアーを遠投して何匹もあげてました!
パパの釣り上げた小さいニジマスに対して「逃がしてあげて!」と、余裕の発言も(笑)
みんな楽しかったそうで、また、佛生舘に釣り仲間が増えそうです

IMG_4562

今日から萌愛が柔術復活しました家で優輝の技の受けをやってたらやりたくなったと(笑)自分も柔術は久しぶりなのでスパー2本でダウン

でも、全身運動で気持ち良い疲労感です

出稽古や、指導補助に来てくださる方で色々な技術が学べたり、交流が持てたり有難いです

佛生舘が、指導や出稽古の価値があるからこそ、皆さんが来てくれているのだと思います。

趣味を聞かれて「格闘技です!」と答えたい方いましたら、是非、佛生舘ファミリーでお待ちしております😁

IMG_4564
IMG_4571

練習後は仲良くラーメン🍜

餃子チャーハンセットをたいらげる2年生😅

FullSizeRenderIMG_4544
IMG_4542
IMG_4531
IMG_4525
IMG_4519
IMG_4516
IMG_4472
IMG_4455
IMG_4447
IMG_4548

今日の大会は佛生舘から4名参戦し、ココナちゃんの一勝のみという渋い結果になりました😢

大輝は黄色帯での初の同階級対決!結果は延長サドンデスで負けてしまいましたが、試合後、対戦相手のマツナガさんのお父さんとお話をさせて頂くと、柔道をやってるとのこと。大輝の立ち技が敵わないわけでした😓

マツナガさんは大輝のことを調査したそうで「空手強いの知ってたので怖かったんですよ!」と(笑)

凄く感じの良い方で、またの対戦をこちらからお願いしました。

悔いの無い戦いをした者同士は、お互いを認めあい、良いライバルになれる。格闘技の良い所ですね😁マツナガさん、今日は本当にありがとうございました😊

大輝は空手でも他道場に2名のライバルがいます。6月の空手の大会でも悔いの無い戦いをしてもらいたいと思います。

本日は参加者、保護者、関係者の皆様、お疲れ様でした。

IMG_4214
IMG_4218
IMG_4216
IMG_4225
IMG_4337
IMG_4324
IMG_4298
IMG_4284
IMG_4342
IMG_4362
佛生舘少年部から6人がエントリーして
🥇金メダル ユウダイ君
🥈銀メダル タイキ、キョウスケ君
🥉銅メダル ユウワ君
計、4個のメダルを獲得しました!おめでとうございます㊗️
みんな、課題が見つかったので更なる練習で更に上を目指して貰いたいと思います。

小島兄弟としては、大輝の階級に大戦相手がなく、体重を二回級上げ、ランクまで上げたのにまさかの相手が体重オーバーの失格!不戦勝で金メダルを持ち帰れましたが、試合をしたい大輝は協会にお願いして対戦が決まりました!
大輝73キロ、相手88キロですが😅
大輝は久しぶりの試合は楽しかったそうです!
対戦相手からは何回も感謝の言葉を頂き、試合して良かったと思いました。価値のない金メダルから価値のある銀メダルになりました😄

優輝はいつもの勢いはあったものの、雑さが目立ちました!丁寧な技の練習が必要と感じました。

後2週間後の大会に向けて万全に準備したいと思います。
      

IMG_4190IMG_4193
IMG_4192
IMG_4191IMG_4199

IMG_4198
IMG_4197
IMG_4196
IMG_4195
IMG_4194

少年部のリク君が今夜の練習を最後に卒業する事になりました。リク君は長きに渡り佛生舘少年部を牽引してくれました。本人が出場しない大会も、後輩の応援に来てくれて、セコンドにも入ってくれていました。大輝達はリク君の存在で、大会を頑張り抜くことができました。最強で後輩思いのリク君がそこに居るだけで後輩達は安心することができていました。

大輝は野球の経験はまったくないのに、憧れのリク君と同じ野球部に入りました。リク君と対戦をする事もできました。練習試合ではチーム違いなのにバッテリーを組ませてもらうこともできました。大輝は凄く感動していました。

道場でも部活でも、リク君の存在は大輝の中では何でも相談できて、頼れて、凄く大きな存在になっていました。

今夜、リク君の喪失感を目の当たりにした大輝は涙が我慢できなかったそうです。

卒業による別れは死別と違い、また会えます。今後も胸を張ってリク君に会えるように、大輝達にはリク君の後釜を目指して頑張ってもらいたいと思います。

リク君、大輝だけでなく、優輝も小島ファミリーは、みんなリク君が大好きでした。今後のリク君の頑張りは、自分達の喜びになりますので引き続きの活躍に期待しております。

今までありがとう!

そしてまたね!!





↑このページのトップヘ